腰痛改善にマットレスが注目されている理由

腰痛も凝りをほぐせば改善へ向かうように、腰に負荷をかけたまま血のめぐりを滞らせていると、だんだんと痛みへと形を変えてくれます。

睡眠時間の6時間から8時間、腰を休ませてあげれば、たまった腰の疲れも癒されていくとマットレスを使ってみて思いました。

体に合ったマットレスを選ぶと寝姿勢が良くなる

寝姿勢が良いと腰痛もよくなってくると実感できます。

同じ姿勢を長くとっているとどうしても、腰に負担がいってしまい、昼間は腰を休ませてあげる機会はあまりありませんが、夜に腰をいたわってあげるマットレスがあれば、疲れをリセットでき、朝おきて腰が痛いということも、無くなっていくという事がわかってきます。

体重とマットレスがあっていなければ、沈みすぎて腰によけいな負担がかかりますが、体重にあったマットレスを使えば、血行をうながす寝返りもスムーズに行うことができます。

自分の体にあったマットレスをきちんと選ぶ事ができれば、腰を休ませることができるので、腰痛の改善とつながるんでしょうね。

体に楽なものを使っていれば、腰以外でトラブルを抱えていても、改善できる傾向にあるのではないかと思えてなりません。

1週間とか短い期間では何も見えてくるものはありません。使ってみて始めて実感できることがあります。腰痛も1週間で発症した訳ではなく、長い期間の積み重ねで腰に痛みが起こるようになってきたのだと思います。腰に痛みが生じるのと同じ期間は、マットレスを使ってみなければ、本当に腰痛が改善していくのか?それとも改善しないのか?なんてわからないと感じます。

どれくらいの期間で腰痛が改善されるのか?

私の腰痛が改善したマットレスは高反発ものでした。

低反発のものは、寝がえりがしにくいのと、腰に負荷がかかる印象を持ちました。

高反発なものでも、体重によって反発力が違うものがあるので、自分の体にあったものを使うのがベストです。

私は寝具に詳しい人のサポートで体にあったマットレスを探すことができました。

自分にあうものを探し出す上である程度は、調査や分析、検証も必要だと思います。

しかし、決断する時は、プロの目をかりた方が本当にあったものを選ぶ事ができて、安心して長い期間使う事ができます。

慢性的な腰痛持ちはマットレスを見直すことがおススメ

私は、慢性的な腰痛もちでしたが、マットレスにしたことで、腰が十分休める環境になったのか?痛みが1日1日ひいていく感覚を味わいました。

ですから、マットレスは、高反発のものを腰痛もちの方にはオススメ致します。

最初は、腰をいたわってくれる目的の為に購入したマットレスは、長い目でみた時に体全体をいたわってくれるものになっていますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする