腰痛には敷布団とマットレスのどっちで寝る方がいいのか?

腰痛がつらいとき、あなたは敷布団とマットレスのどちらで寝ていますか?

敷布団で寝る方が楽だと感じる人もいれば、マットレスの方が楽だと感じる人もいるでしょうね。

どちらも正解で、決まりはありません。

その理由を、分かりやすく説明しますね。

腰痛があるときに体が楽だと感じる寝具は人によって違う!

腰痛の原因や痛み方は、人によって異なります。

原因が違えば、痛みがやわらぐ方法も、当然ながら違いますよね。

じゃ、どうすればいいかって?とりあえずは、腰が痛くない楽な姿勢をとることが大切です。

その「楽な姿勢」が、やっぱり人によって違うんですよ。

だから、体が楽だと感じる寝具は、人によって違うんですね。

すでに強い痛みがあるときは、腰痛の予防になるマットレスで寝ると、体がつらいこともあります。

また、普段はちょうどいいと思っていた敷布団やマットレスが、硬すぎたり、やわらかすぎると感じたり。

床で寝る方が楽なときもあれば、ベッドで寝る方が楽なときもあったりと、自分でもどうすればいいのか分からなくなります。

腰痛が起きてしまったときは、痛みが慢性化しないようにすることがなによりも大切です。

そのためには、あなたが腰が痛くないと感じる姿勢と寝具を選ぶこと。

たとえ人にすすめられても、あなたが腰がつらいと感じたときは、腰痛が落ち着くまでは寝起きが楽な寝具に変えましょう。

腰痛が起きないようにするにはどっちを使う方がいいの?

さて、腰痛が落ち着いたところで、また腰痛が起きないようにするには、どんな寝具を選べばいいのでしょうね?

最初に悩むのが、敷布団とマットレスはどっちがいいのかな?ということでしょうか。

はじめにお伝えしたように、決まりはないんです。

大切なのは、あなたに合っていること。

腰痛の予防にいいと評判の寝具はたくさんあります。

ただ、敷布団でもマットレスでも、共通していえるのは、やわらか過ぎないこと。

あなたの腰痛の原因や、筋肉の付き方で、ぴったりの寝具は違ってきます。

だから、できれば何日かためしに寝てみると分かりやすいんですよね。

もし、敷布団もマットレスもどちらも持っていて、どっちの方がいいか悩んでいるのなら、素直に体が楽な方を使いましょう。

ここでいう「体が楽」とは、朝、起きたときに腰が痛くなくて、ぐっすりと眠れること。

寝るときは気持ちいいけど、起きるときはつらいなら、「体が楽」とは言えませんよ。

敷布団にもマットレスにも、それぞれに良い面があるので、あなたに合う寝具を見つけることが腰痛の予防につながります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする