快適な睡眠環境に必要なことは?

快適な睡眠環境に必要なことって何だと思いますか?

明るさや静かさ、温度や湿度など、五感に影響をあたえるものがまずは頭に浮かびますよね。

ここで見落としやすいのが、マットレスなどの寝具とパジャマです。

マットレスは寝床内の温度と湿度に大きく影響する

部屋の中の温度や湿度には気を使っているのに、布団の中の温度や湿度にはあまり気を使っていない人が少なくありません。

室温はエアコンで簡単に調整できるけど、布団の中の温度は調整が難しくて、確認もできませんからね。

でも、室温以上に布団内の温度や湿度って大切なんです。

布団もパジャマも着ないで寝ている場合は別ですが、布団をかけて寝ていると、布団の中にひとつの空間ができます。

寝ている間は、この狭い空間こそが睡眠環境です。

ですから、睡眠環境を整えるためには、布団の中の環境を整えることが大切なんです。

マットレス選びのカギは通気性と保温性

布団の中の環境を整えるには、どんなマットレスを選べばいいのでしょう?

寝ているときはたくさんの汗をかきます。

ですから、吸湿性と通気性はとても大切です。

通気性の悪いマットレスを使っていると、布団の中の湿度がどんどん上昇して、じめじめとしたいやな空間になります。

熱気もこもりやすいため、汗をかきやすく、ますます湿度が上がります。

フローリングに綿の敷布団を敷いて寝ていたら、いつのまにかカビが生えた経験がありませんか?

綿の布団は吸湿性にはすぐれていますが、通気性はあまり高くありません。

このため、布団の下にすのこなどを引いて通気を確保してあげないといけません。

また、体にぴったりとフィットする低反発マットレスも、通気性があまり高くありません。

布団の中で熱がこもって体が暑くなり、汗もかきやすくなります。

これでは、特に夏場は無駄にエアコンを低めに設定し、エアコン疲れを起こしてしまいます。

夏は放熱し、冬は保温してくれる、こんなマットレスが理想的です。

通気性の面ではエアウィーヴのようなマットレスが一番ですが、若干耐久性が弱い面もあるので、モットンのように通気性の高いウレタンマットレスが現実的にはおススメです。

参考

マットレス「モットン」ってどんな人に評判がいいの?悪い評判は?

パジャマは薄くて動きやすいものを

マットレスだけでなく、パジャマも大切です。

せっかく通気性がいいマットレスを使っていても、パジャマの通気性が悪くては台無しですよね。

自然素材など、肌にやさしくて通気性のいいものを選びましょう。

また、動きやすさも大切です。

質の高い睡眠を得るには、寝ているときに適度な寝返りを打つことが欠かせません。

寝返りが打ちやすいマットレスとパジャマを選ぶことで、睡眠の質は大きく上がりますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする