腰痛にいいマットレスってどんな特徴があるの?

朝、起きたときから始まるつらい腰痛。

寝起きがつらいということは、マットレスとか敷布団が重要なんじゃ?ってなんとなく感じますよね。

じゃあ、どんなマットレスや敷布団が腰痛にいいのでしょうか?

どんなマットレスが自分に合っているかは、その人によって異なります。

筋肉の付き具合や、性別、年齢、持病などによって、体に合うマットレスが変わってきます。

それでも共通して言えることは、「自然な寝返りが打てること」です。

色々なマットレスや敷布団がありますが、

このサイトは腰痛におススメと言われているマットレスの評判や主観を交えたレビューをします。

腰痛対策でたいせつなことは睡眠中の寝返り

寝返りが腰痛と密接な関係にあるなんて、驚いた人もいるでしょう。

私も、はじめはそんなこと全く意識していませんでした。

ふかふかの敷布団や、やわらかい低反発マットレスは、寝るときは本当に気持ちいいし、寝付きもいいですよね。

でも、気のせいか、朝は腰が痛い…

整体院で「腰痛には硬いマットレスの方がいいんですよ」と教えられてびっくりしました。

なぜ硬いマットレスの方が腰痛にいいかというと、寝返りを打つ回数が増えるからです。

マットレスがやわらかすぎると、寝返りを打つ回数が極端に減ります。

つまり、寝ている間、同じ姿勢を長時間続けてしまうんです。

確かに、言われてみればよくない気がしますね。

朝、起きるときに腰痛を起こしやすい人は、もしかしたらマットレスがやわらかすぎるのかもしれません。

寝返りをたくさん打てばいいってわけでもない!

じゃあ、できるだけ硬いマットレスで寝ればいいのかと言うと、そうとも言えません。

なぜなら、硬すぎるマットレスは、寝付きが悪いだけじゃなく、寝返りを打つたびに目が覚めてしまい、睡眠の質が落ちます。

また、あまりにマットレスが硬いと、筋肉量が少ない人は、自然な寝返りを打つことができません。

体が痛くて、何度も無駄に寝返りを打ってしまいます。

無理して不自然な寝返りを打つため、体には大きな負担がかかります。

これでは、たとえ腰痛の予防に効果があっても、リスクが大きいですよね。

やわらかすぎても硬すぎてもダメならどんなマットレスを選べばいいの?

適度な寝返りが自然に打てる、適度な硬さのマットレスが理想的なんです。

でも、「適度」ってどれくらいなの?難しいですよね。

目安は、

  • 寝付きがよく、寝返りを打つたびに目が覚めないこと
  • 朝、起きたときに腰の違和感や疲労感がないこと

けっこう単純なことです。

腰痛のほかに、寝つきが悪い、眠りが浅いなど、睡眠の質が低いと感じているようなら、マットレスを変えてみるといいかもしれませんよ。

腰痛対策として人気のマットレス

今、腰痛対策として人気のマットレスとその評判をまとめてみました。

もし腰痛対策としてマットレスを探していたら参考にしてください。

モットン

寝返りを打ちやすく、腰に負担のない寝姿勢を実現するために日本人の体形に合わせて設計されたマットレスで、ネットでのみの販売となりますが、ここ2年くらいで急激に知名度と人気が上がってきてます。

90日間返金保証(使ってみて腰が良くならなかったら購入代金を返金してくれる)があるのも人気の一つかもしれません。

マットレス「モットン」ってどんな人に評判がいいの?悪い評判は?

エアウィーヴ

テレビCMで有名ですね。

通販だけじゃなくて全国のデパートで販売されてます。

何よりも特徴なのが通気性が高いことです。

CMで有名な「エアウィーヴ」の評判が気になるすべての人へ

マニフレックス

ヨーロッパ生まれの高反発マットレスで、超有名アスリートがモデルになってることで有名ですね。

アスリート愛用?「マニフレックス」の良い評判と悪い評判とは?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする